頭皮に優しい髪の洗い方

“普段どのように髪を洗っていますか。何気なく行っている普段の髪の洗い方が頭皮に影響を与えています。
いきなり髪にシャンプーをつける方がいますが、頭皮や髪のことを考えるならいきなり髪にシャンプーをつけてはいけません。
まずは髪をブラシでとかします。ブラシでとかすことでホコリのような簡単な汚れが取り除かれます。
その次はお湯で軽く予洗いをします。お湯で洗うだけでも、ホコリや皮脂などの汚れは落とすことができます。これだけでも大部分の汚れは落ちていますが、ヘアワックスなどを使っているとシャンプーで洗う必要があります。
手にシャンプーを適量とり、手のひらで泡立てます。シャンプーを直接髪につけるのではなく、まずは手のひらで泡立てるのです。髪に直接シャンプーをつけてしまうと泡立てる際に頭皮をこすることになり、頭皮を傷つけてしまいますが、手のひらで泡立てておけばこすって頭皮を傷つけることを防げます。
たっぷり泡を作ったら髪ではなく頭皮にのせるようにして、髪をかき分けるようにして頭皮を洗います。指の腹を使ってマッサージをするように洗いましょう。汚れをしっかり落とすためにゴシゴシ力を入れて洗いたくなりますが、力を入れると頭皮を傷つけるので優しく洗うことがポイントです。マッサージをするように洗うと血行が促進します。
髪の生え際から頭頂までを洗ったら洗い流しをします。髪の生え際は洗い流しを忘れしやすいので気をつけてください。洗い流すときも頭皮をこすらないようにします。”